海色恋しいaiの日常。

<< 秋の山口旅行 2日目 | main | 案ずるより産むが安し? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
秋の山口(&門司)旅行 3日目
 朝、今日もなかなか良いお天気。どうもこれから先数ヶ月の運を、
お天気に使い果たしたとしか思えません


とりあえず朝ごはんをいただきに、ダンナさんを引きずってお食事処へ。
 


 正しい旅館の朝ごはん。ぷるんとしたお豆腐が、ご馳走疲れの胃に
うれしいですなー

今日は特に時間も少ないので、食後は急いで荷物をまとめ、宿を出発
しました。改めて気がついたのですが、このお宿、海響館から車で5分位と
とても立地条件の良い場所にあります。



 先ず、お宿のすぐ近くにある「みもすそがわ公園」。長州藩の砲台跡らしく
今ではレプリカの砲台が並んでいます。その向こうに関門橋。
びっくりするほど、対岸の九州門司が近くに見えます(実際近い)

 記念撮影した後、カモンワーフの隣にある唐戸市場に行ってきました。

もう9時を回っていたためか、場所柄か、祝日のせいか、本当に鮮魚を
売っているお店は非常に少なくて、殆どが握り寿司・フグの唐揚げなどを
アソートで購入できる、観光客向けのお店がいっぱい。


 
 やや俗っぽいのですが、それでもつくりたてのお惣菜やお寿司はとっても
美味しそう。朝食食べた後なのに、ついつい鯨の竜田揚げと、フグコロッケを
購入しちまいました(鯨の竜田揚げ、うまかったっす)

 さて、ざっと見たところで、今度は関門橋を渡って、向かい側の門司を
散策することにいたしました

ちなみにai、車の場合関門橋を渡る以外の選択肢が思いつかなかったんですが
よく考えたら関門トンネルを渡る方法もあったですねー。いやはや



 門司の観光エリア「門司港レトロ」まであっという間です。だって対岸見えてるし。
先ず車を停めて、門司港レトロ展望室に上がりました。31F展望室からの風景

ここにはカフェがあって、窓際にカウンター式の席があり、ガラス越しに関門橋
を眺めながらお茶することができます。aiは門司名物、バナナのカフェラテを
いただきました(ちょっとバナナな香りがする程度でしたが)

ところで、なぜ門司の名物がバナナかといいますと・・・・・



バナナの叩き売り発祥の地、だそうな。寅さんみたいなおっちゃんが、叩き売りの
デモンストレーションをやってました。実際観客にバナナ売っててびっくり


 展望室近くの、国際友好記念図書館。門司にはこんな西洋風のレトロな
建物がいくつも点在しています。



旧門司税関、がなぜかこのようなバナナだらけになっていました。ツリーは
本物のバナナで、建物中バナナの甘い香りが漂いまくっています

ここで世界のバナナ見学をしていたら、お姉さんからバナナシフォンケーキを
バナナレシピと共にレシピプレゼントされました。かなりウレシイっす。
(2度目入ったときには、バナナフォンデュをやっていて、1切れもらって
しまいました)



 はっと気が付けば、その場のノリでバナナの叩き売りの格好をしてました。

若干ハズカシそうに付き合っていたダンナさん。すると全身バナナのお姉さん
(イヤリングがバナナ、バックがバナナ、靴がバナナ色・・・)が、
「何もないとさみしいから、ホラ、これ持ってみて」と、大きなバナナの房を
持たされていました。ぷふふっ。

ちなみに、建物を出るときアンケートを書いたところ、ご褒美にバナナを2本
いただきました。なんかスーパーで売ってるバナナよりおいしそうに
見えました(←完全に気のせい)

 

旧大阪商船の建物。中には金庫があったり、ギャラリーになってたり。


 旧門司三井倶楽部。あのアインシュタインご夫妻も宿泊されたそうな。今では
ショップやレストランも入っています。

右はJR門司駅。九州で最も古い駅舎で、国の重要文化財に指定されている
そうです。「え、ここは本当に今もやってる駅なの」って思ってしまうほど
レトロで趣深い建物でした。


 ランチは、駅近くの「陽のあたる場所」という、有名なレストランに行きました。
連休中のランチタイムということで心配していたのですが、運よく殆ど並ばず
入店することができました。

注文したのはもちろん門司名物焼きカレーのセット(この店では名前が
鉄板焼きカレーとかだったかな?)1500円也。セットのシーザーサラダも
なかなか美味



 そして出てきた焼きカレー。ダンナさん曰く「こ、これはカレードリア
いや、そう見えなくもないですが、焼きカレーです。違いはよくわかりません。

焼きカレーには卵がのってるケースが多いようなのでうsが、この焼きカレー
には乗ってません。でもまろやかでコクのあるカレールーを、まったり
こんがりのチーズご飯に絡めて食べると、最高でした

 

 お店はビルの7Fにあるため、関門橋と門司港レトロが良く見えます。
丁度この時間帯、はね橋がオープンしていました。おーー
 


 食後は海峡ドラマシップという施設に。建物入り口では、まったりと
懐メロ系のコピーバンドが演奏されていて、ファンキーな格好のミドル
観客たちが聞き入っていらっしゃいました。きっと地元の方々だろうな

 建物の中には、フシギなスクリーンで映画が上映されていたり、
関門海峡で過去あった戦や出来事などを、色々なアーティストの
つくった人形で表現されていたり・・・。

面白かったような気がしますが、さすがにトコトコ歩きすぎたみたいで
いささか体調が悪くなり、適当なところで引き返すことにいたしました。

海峡プラザなる施設でお土産などを適当に購入した頃には、
暑さと疲れでダンナさんもaiもぐったり。ベンチで少々休憩した後、
道中も長いことですし、そろそろ帰路につくことにいたしました

門司港を出発したのは15:30、その後結構込んでいた高速・一般道を
眠気と闘いながら運転し(っても、ほとんどダンナさんが)、夜9:00過ぎに
家にに戻って参りました。ちなみにaiは明日からお仕事・・トホホ

なんせ移動時間が多くて、あっという間の3日間でしたが、それでも
お天気に恵まれ、行ってみたかったスポットに行くことができて、
非常に楽しかったです。
ああー、しばらくはお茶漬け食べながらお仕事して過ごさなくっちゃ

             aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー

       ★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング
| 旅行関係 | 22:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:46 | - | - |
門司へも、何回も行ってます。
去年は、観光トロッコに乗りたくて、新幹線で日帰りしましたよ。

もう、7,8年前でしょうか、10月の連休。
御裳川(「みもすそがわ」を漢字で書くとこんな字)の国民宿舎の「ふくフルコース付き宿泊プラン」というのを嫁さんが見つけてきましてね、行きましたわ。
関西で「ふぐコース」というと、「鍋」がメインなんですが、ここでは「ふく刺」がメイン。
2人前なのに大皿で出てきて、テレビで見るみたいに、箸でガーッと5,6枚まとめて取って食べましたわ。
ああ、バブリー。
この国民宿舎も、改築されてきれいになったようです。

このとき、宿に入る前に、海響館、春帆楼の下関条約の記念館、赤間神宮なんか見ましたね。

この翌日、門司に行ったのですが、どうやって行ったかと言いますと。。。。
関門トンネルには、人道トンネルもあって、これを歩いて行ったのです。
エレベーターで下りて、トンネルを歩くと、真ん中付近には県境も書いてあります。

私が行った時も、門司の町はバナナのお祭りで、スタンプラリーやら、アンケートやら、イベント参加やらで、バナナをタダでいっぱいいただきました。
嫁さん、あんまりバナナ好きやないくせに、面白がっていっぱいもらうんですもん。
帰って数日間、バナナ攻撃でしたよ。
| 明石の伸介 | 2010/10/21 10:06 AM |

伸介さんこんにちは♪
門司のトロッコ電車、時間がもう少しあれば乗って
みたかったんですけどねぇ。新幹線日帰りでトロッコ
電車乗られたとは、びっくり!どんな強行スケジュール
ですか〜(笑)

人道トンネル、入り口みもすそ川にありましたよね?
宿の近くにらしきものがあって、「おおー!」と
思いました。そんなに距離がないから、楽しみながら
渡れそうですね。

門司の街は、ホントバナナだらけですね☆
そうそう、バナナもらえると、なんか嬉しく
なっちゃって・・・普段はaiもバナナあんまり
買わないんですけどねぇ(笑)食べきれず、つぶして
冷凍してあります^^;

下関の国民宿舎、評判が良いようですよね!
源平の宿もふくフルコースなるものが同じ値段で
あったんですが、なんせダンナさんが魚をさほど
好きではないため、季節の会席コースにしたという
経緯が・・・(汗)なんかふくは、鍋より刺身の方が
個人的にはウレシイかも。ふくの刺身をがーっと
お箸で取って・・なんと贅沢な、うらやましー(>u<)

あー、またしばらくしたら旅行行きたいなぁ♪
(もうそろそろ動けなくなるような気がするのですが)
| ai | 2010/10/27 12:55 PM |

楽しい旅行やったみたいですねぇ♪

大谷山荘、私も以前宿泊したことがあります。
お料理や、お風呂はあまり覚えてないのですが、和洋室やったこと、廊下のしつらえまで素敵やったことは覚えてます^^
| さゆりん | 2010/10/27 9:40 PM |

おおー、さゆりんちゃんも大谷山荘宿泊したことが
あるのねん!有名なお宿だったのねー。

さゆりんちゃんは、色々旅行されてるから、どこが
どうだったか細かいことはなかなか覚えられないよねぇ。
aiも最近行った宿のことか、特別印象に残ったこと
じゃない限り、細かいことは覚えていないなぁ(^^;)

aiの中で過去最も強烈だったのは、波照間島で止まった
素泊まり白飯食べ放題、部屋にカギかからず〜
ってな民宿でした(笑)
| ai | 2010/11/03 12:27 AM |










http://aimichiblog.jugem.jp/trackback/822
ブログパーツUL5
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECOMMEND
連続テレビ小説 ふたりっ子 完全版 DVD-BOX 1
連続テレビ小説 ふたりっ子 完全版 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

今ごろハマッていて、自分が超欲しいのでご紹介。NHK朝の連ドラって殆どみたことがなかったんですが、10回で終わるドラマと違って話が厚いんです。笑いあり涙ありドキドキあり・・・その中で女性の生き方、家族のあり方、幸せの形、色々考えさせられます。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 海色に魅せられて。
海色に魅せられて。HPへ海色に魅せられて。バナー
+ クリック募金
+ B-PROMOTION
ブログでクチコミ B-Promotion
+ ブログスカウター
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ