海色恋しいaiの日常。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
赤子部長と沖縄旅行 2日目
 旅行2日目、早朝から、ダイバーで知らない人はいないであろう
名ポイント、真栄田崎でダイビングを楽しむ予定になっていました

が、朝早く、ショップさんから電話があり、波が高くて真栄田に船が
出せないという残念なお知らせ。ガチョーン

でも、超雨女のai、今まで天候不良でダイビングやツアーが中止に
なったことなんてザラなんで、少々のことはへっちゃらです

「どこでもいいんで、潜らせてください」と、ガツガツした回答をし、
結果、読谷で午前中1本潜ることができることになり、少しのんびり
宿を出発。9時頃真栄田近くにある「ラピス」さんというショップに
おじゃましました

ラピスさんでは、なんと、保育室が併設されていて、幼稚園教諭の
資格をもたれているオーナーの奥様と、ベテラン保母さん(aiから
見ると全然お若いけど)が、パパ・ママのダイビング中、子どもを
預かってくれるんです

ラピスさんのお話によると、沖縄には山のようにダイビングショップが
あるけれど、保育施設を持ったショップは3件程度しかないとのこと。
確かにaiもすんごい探して、ようやくラピスさんにたどり着いた次第。

親のわがままで、1日子どもを預けるわけなんで、やっぱり結構
罪悪感はあるわけなんです。せめて、潜っている間、子どもも
安全に、楽しく快適に過ごして欲しい。でも、慣れない保育室で
大丈夫かしら・・・と心配していたのですが・・・・



お昼寝後の様子。ダイビング中、子どもの様子を写メでガイドさんの
携帯に送ってくれるので、すごく安心です。

ちゅうか、なんじゃ、この満面のスマイルは(無愛想赤子部長は、外で
そうそうスマイルは見せないのです)

 
 お昼寝後は三輪車にも乗せてもらい、赤子せんべい片手に
ピクニックさせてもらったそうで

ちゅうか、お母ちゃんとおる以上にむっちゃ楽しそうじゃないか
安心した反面、いささか日頃の育児に問題があるのではと
不安になったai

優しいお姉さんたちにお世話してもらい、とても楽しかった様子の
部長だったのですしかも、預かっていただいた1日、いっぱい
写真を撮っていただき、それを全部データでもらうことができ、
それだけでもう、大満足でした

とはいえ、ダイビングの方のお話も・・・。

結局今日は、午前1本午後1本ののんびりダイビングとなりました。
午後の1本は、いけすで保護されているジンベエさんと戯れるという
ジンベエダイビングを予定していて、こちらが今日のメインでした
ので、1本目は慣らしダイビングっちゅう感じです

良く考えたら、もう2年も潜ってなかったのね。ダンナさんに至っては
3年も潜っておらず、2人とも相当ブランクダイバーです
 


 読谷漁港。漁港いえども、山陰の漁港とは違い、パーッと鮮やかで
明るい雰囲気です 結構いいお天気じゃないの。

今日お世話になるのは、ラピスのガイド、Iさん。とても細やかに
気を使ってくださる、頼もしいガイドさんです。夫婦2人に1人ついて
下さって、ブランクダイバーには安心です

他のダイビングショップさんの船にお邪魔する形で、出航〜
10分程度でポイントに到着です。
 


 ソフトコーラルがモサモサ元気なのんびりポイントです
色んなクマノミたちがもしゃもしゃいて、ゆっくり写真を撮るのに
ぴったりです。



 超久しぶりにカメラを構えるai。ただ、非~常に残念なことに、
今回のダイビングで撮影した自分の写真は、ほぼ全滅です

カメラのセッティングをする際、気付かないうち変なボタンを押し
ISO感度をマックスまで上げてしまい、それに気付かず
「おかしいなぁ、何かうまく撮れないなぁ」と疑問に思いながら
最後まで原因に気付かず、撮った写真全てがノイズだらけの
ざらざら、ピントもさっぱり・・・になってしまったのです。

沖縄まで潜りに来て、この結果・・昔ならショックで3日くらい
寝込むところだったのですが、今のaiは「何でもいいから
無事潜れたら万歳
」と、ハードルがずいぶん低くなって
いたので、心のダメージは小さくて済みました。

              でもちょっとショック。

というわけで、プライドなく、Iさんに撮っていただいた写真を
バンバン載せます。ってか、ラピスさん水中でもバンバン
写真を撮ってくださって、そのデータを全部くださるんで
自分で撮るの失敗しても、むしろもっと良い写真をいただける
ので、記念的には全然OKだったのです、エヘヘ

それはさておき、1本目のダイビングをのんびり楽しく終えて、
港で休憩。読谷漁港にある天ぷら屋さんで3つほど天ぷらを
買って軽いランチにして、いよいよ2本目のジンベエダイビングに
出発です

ジンベエさんたちがいるいけすは、港から船で10分ほど沖に出た
ところにあり、結構船が揺れました。う、うっぷ・・・・


 エントリーし、いけすの網の間から中に入ると、大きなジンベエさん
がゆったり泳いでいました

昨日美ら海でもお姿を見ましたが、やっぱり生は大迫力です



唯一、自分のカメラで撮影できたジンベエさん。ザラザラですが自分の
カメラに残っていた写真の中では、比較的まともな方でした・・がっくり

後ろのダイバー影と比較してください、その大きさがおわかりいただける
でしょうか。



 そしてIさん撮影の1枚。最初にガイドさんが餌を与えるんですが
他の魚も寄ってくるし、熱気ムンムンです

そして、その様子を撮影しようと、下からカメラで狙ってると気が付けば
急浮上中なai。慌ててまた潜行、そして撮影に夢中になりまた浮上・・・を
繰り返し、だんだん耳と頭が痛くなってきました。き、危険

ダンナさんもいけすの網にフィンが引っかかったり(よく引っかかる)
フィンがいけすの底に落ちて行ったり、激しく船酔いしたりで、
ジンベエダイビングが終わり船に上がった時には、あまりのしんどさに
2人とも動けなくなってしまいました。

いやー、いけすだから安心、と思ったのが大間違い。
aiのようなへなちょこダイバーは2本目も、1本目のようにもっとのんびり
潜った方がよかったかもでした(耳と頭が痛いのはaiの自業自得)。

というわけで、翌日もダイビングしようと意気込んでいたaiでしたが、
ご機嫌な赤子部長をピックアップしていただき、ショップに戻ったときは、
「も、もう明日はのんびりします・・・」とすっかりヨレヨレになって
いたのでした

体調さえよければ、もっと潜りたかったにゃー。たった2本ですが
いいショップさんに巡り合え、久々に無事(?)ダイビングできて、
本当にヨカッタヨカッタ



 1日赤子部長を放置していたので、部屋でダウン中のダンナさんを
放置し、2人で遊ぶことにしました。シーサイドスペースBBさんの裏
には、プライベートビーチ(?)があるのです

近所の公園の砂場と違い、どどーんと広い砂浜に戸惑う部長。
でもしばらくして、砂を自分の頭からどさーっとかぶりまくって
大はしゃぎしていました。

部長、渦巻いてる髪の毛に、砂が絡まって大変でした



 夕食はお宿の名物、アグー豚のしゃぶしゃぶです

最初は「余裕でペロリかな」と思ったのですが、見た目よりずっと
ボリュームがあり、途中でおなか一杯になりました

肉は柔らかく、ついているお手製餃子もジューシーで美味
モリモリ食べたいのですが、昼間のダイビングで無理をしたせいか
調子が悪く、結局完食できませんでした

(実は、このときaiはダイビングの後遺症でも船酔いの余韻
 でもなく、別の病気だったのです。またその話は4日目位で)

食事中は、オーナー・奥様・可愛い坊ちゃん・ワンちゃんが交代で
ai一家の相手をしてくれて、とても楽しい夕食となりました

お腹ぽんぽこりんになって2日目終了。
明日は家族で海水浴するぞー、お天気になるといいな

         aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー

       ★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング
JUGEMテーマ:沖縄
| ダイビング・水中写真 | 22:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
笹子ビーチに行ってきました。
 ここのところ山陰とは思えぬ真夏日が続いております

仕事中、あまりに空が青く「仕事してる場合じゃない、海に行かねば
と謎の強迫観念にかられていたのですが、その勢いで週末ダンナさんを
引きずって海水浴に出かけました

比較的近くにも海水浴場は色々あるんですが、どーせ面倒な準備や
片付けをするのなら、いっそのことちょっと遠くても綺麗な海水浴場に
行きたい、と思いまして、「島根県の綺麗ビーチNo.1」との評判が高い
笹子海水浴場までお出かけしました

場所は、島根半島の七類港少し西、小さな海水浴場です。ゆえに有料
駐車場もちょっとしかありませんので、朝早めに到着しなければなりません。



ちょっと山陰の海っぽくない色のビーチウワサには聞いていたのですが
海が見えた時から大興奮

人気があるみたいで、県外ナンバーの車もたくさん停まっていました。

aiたちはビーチやや左側の方の山の影になっているところに陣取り、
早速海水浴を楽しみました。



 キャー沖縄の海って言ってもバレないんじゃない?
混んでるとは言っても所詮山陰なので、おそらく都会近くの海水浴場と
比較したらかなり優雅に遊べます


 岩場の近くでシュノーケル。とはいってもダンナさんがマリンブーツしか
持っていないので、aiのフィンとマスクを交代で使用。シュノーケルしていない
方は、昨日購入した浮き輪でプカーっと浮遊。



ベラ、スズメダイ、クサフグ、何か小さい魚の群れ(←いい加減)、アオリイカ
(aiは見てない)など、岩場近くには結構魚がいます。


 小さいカワハギが仰向けになって漂ってました。アレ、死んでる?と
思ってじっと見てたら、ピコピコ鰭を動かしていました。
見ていた間にも他の魚につつかれたりしてて、かなり弱っているみたいです。
むー、頑張れっ


 2時間ほど遊んでから浜に上がり、おにぎりを食べたり、ぼーっと
したり(日陰だったんで、かなり快適でした)
綺麗な海を眺めてると心が洗われます


 もう1泳ぎできそうだったんですが、明日仕事なんで、余力を残して
帰ることにしました。海の家はこちらの1件しかなく、カキ氷・ビールの
販売と温水シャワー(200円)の提供となりますんで、お昼ごはんや
おやつは持って来る必要があります。

なお温水シャワーはシャンプーも付いているのですが、少々時間が
短く、フィンやマスクを洗ったりしているとあっという間に時間が経過し
もう200円追加することになりました・・・。長シャワーに注意(笑)

この後ランチに、このあたりでは有名な「味処まつや」に行こうと
したのですが、2時近くだったせいか「本日定休日」の看板が
出されていました・・ショック。日を改めて行ってみたいと思います

久々に透き通った海で泳ぎ、すっかりリフレッシュしたつもりが、
海水浴疲れで、帰宅した時にはヨレッとなってましたとさ

             aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー

       ★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング

JUGEMテーマ:地域/ローカル
| ダイビング・水中写真 | 18:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
GWの過ごし方
 大型連休をはさんでいたのに、すっかり更新をおこったっているaiです
実はGW中、ダンナさんを放置し、久しぶりにマブダチたちと3人で
石垣島に遊びに行っておりました

 いやー、久々友人との旅行&ダイビングで大はしゃぎしてきましたわ。

で、まだ写真の整理をしたり、自分自身に買ったお土産を食べたりと
南の島気分で、日常生活に完全復帰できずにおります。
(↑もう1週間近く経つのに・・・

 落ち着きましたら旅日記をアップしますので、また見てやって
くだちゃいねー

             aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー

★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング
JUGEMテーマ:日記・一般
| ダイビング・水中写真 | 12:46 | comments(3) | trackbacks(0) |
がっつり貪欲 石垣島旅行 4日目
 今日はとうとうダイビング最終日。体調の方は全然マシになったのですが
フツーに腰がツライ。日頃全く鍛えていないところに、スチールタンクなんか
しょってるもんで、体にこたえないわけはありません

4日目ともなると、肉体疲労がMAXに・・・「一体なぜこんなツライ目をして
まで潜るんだろ
」と船上で自問自答したりするんですが、潜っちゃうと
つい忘れちゃうんですよね〜エヘヘ。

そんなわけで、重い体を引きずって朝食を食べに食堂へ。

 
 そういえば上やさんの朝食、まだ1回もアップしてませんでしたね。
朝はパンで、卵・ポテト・ポーク・サラダ・フルーツ・ヨーグルト・コーヒーと
オーソドックスだけどほっと嬉しいメニューです

とても残念ですが、Yさんは今日の夕方の飛行機で帰らねばならず、本日は
ダイビングできず、朝チェックアウトしちゃうことに。名残惜しいですが
Kさんと一緒にYさんのお見送りをしてから、ダイビングの準備をしました。

ちなみにYさんはその後、1人竹富島に行ったらしく、ランチタイムから
ビール片手に満喫している
写メが送られてきました

外に出ると、いささか今日は雲が多い気が・・・お天気崩れないといいなぁ。

1本目は「どんどんパラダイス2号店」、ナカモトイロワケハゼさんに
会いに行きました。

 ちょっと深いところにナカモトさんのために用意したガラス瓶があり
さとしさんが覗きに行ってくれたのですが・・・残念、まだナカモトさんは
いらっしゃっていませんでした。おそらくあと数日でやってくるらしい
のですが、こればっかりはしゃーないですね

気持ちを切り替えて、のんびりダイビングを楽しみましょー。
 

 赤いイソギンチャクにお住まいのハマクマノミ。クマノミってどこにでも
いるけど、見てて飽きないんですよ。

右の写真はハナゴイの群れ。aiは写真の腕がアレなので、色が
海の青に近くて動きの早いハナゴイって、いつもちゃんと撮れないのですが
青紫の体色が神秘的で、見惚れてしまいます


 カンザシヤドカリ、ノーマル(左)とSP(右)。全然姿が見えないのは気のせい。
よーく見るとはさみの文様が違うのです。水中ではどれも一緒に見えて
ノーマルの写真ばっか撮ってました(笑)もちろん、SPの方が珍しいのです

2本目は、「ハナダイの根」。


 ポイント名の通り、根にはキンギョハナダイ。ちょっと小さめの子がいっぱい
群れていて、本当に竜宮城のようです。むーボーっとしているだけで幸せ


 根の下の方の穴を覗くと、タテキンの子供がピヨピヨ泳いでいました
aiはこの渦巻き柄が大好きで、見かけると何枚も写真を撮ってしまいます。
後からさとしさんに「タテキンだけで30枚以上撮ってるね」と笑われました



 でっかーいウミウシカクレエビ。この子はでっかいナマコの間でゴソゴソ
していました。ウミウシって名前なのに、ナマコ・・・

ガレ場でエビをさがしたり、まったりしてエグジットすると73分経過
していました(笑)いやー、のんびりさせてもらえると、写真もじっくり
撮れるからありがたいです(←その割には全然撮れてないんですが



今日のランチはハンバーグ。おかずやアーサー汁もセットです

もーほっぺがおっこちそうです。奥様は内地ご出身だそうで、沖縄の素材・
料理を上手にアレンジされていているので、コテコテの沖縄の料理が
ちょっと口に合わない、という方でも美味しくいただけるのでは・・と
思います。

ランチ後、濡れたウェットスーツを再度着るのは肉体的にも精神的にも
すごくエネルギーが必要(笑) でも今回の旅行で最後の1本なので
気合を入れて出かけます

3本目は「ロックレイク」というポイントです。石垣島では珍しい地形が
面白いポイントです。あーコレ地形派のYさんにピッタリなポイントだった
のになー。

そういえばYさん、初日さとしさんに「Yさんはワイド、マンタ、エビカニ、
ウミウシ・・・どんなのが好き?」って聞かれて、「ウミウシですかねー」と
答えていました。が、長年一緒に潜っているaiもKさんも、そんな話一切
聞いたことなかったんですよね


そのときは2人とも「??」と思いながらもスルーしたんですが、
今日になって「ってか、Yちゃんウミウシ好きだっけ?」「いやー、地形が
好きとは聞いてたけど、ウミウシは知らんなぁ。」と大きな話題に。

・・・絶対Yさんめっちゃテキトーに答えてましたよね

さとしさん、「Yさんにあまりウミウシ見せてあげられなかったなぁ」と
心配してくださってたけど、きっと全然大丈夫です


 おっきな丸い岩がゴロゴロした穴。青い光が綺麗な静寂な空間で
ダイバーの呼吸の音だけが響いているような気がします。

穴から出ると、岩場に色々なベラ系の赤ちゃんがピヨピヨ泳いでいました。
ベラの赤ちゃんは模様が面白く、チャーミングな子が多いですね。
写真はカンムリベラのお子様、大人になったら地味色に変化します



 ベニハゼ。ちっこくて綺麗なお色ですなぁ。もっと寄って撮りたかったんですが
なんせハウジングが巨大すぎて、すぐ魚に気付かれてしまうのです



 アマミスズメダイの赤ちゃん。これまた大きくなったら地味目になっちゃう。

 ちっちゃくてカワイイ子達をストーキング・・いやいやウォッチングしまくって
3本目を終えました。いやー大満足の3日間でした

ちぃむどんどんさん、そして運悪くaiたちと一緒に潜ることになってしまった
K様ご夫妻をはじめ、ほかのお客様方、ありがとうございました

お宿に帰って、ざっと片付けし(明日帰りますからねー)ゴロゴロしていたら
あっという間に夕食の時間になりました。


               
最後の晩餐。うわっ、写真で見ると地味に見えますが、これに加えてどんどん
温かくて美味しいお料理が運ばれてきました

上やさんは、たくさんの種類の海の幸を、様々なアレンジを加えて
食べさせてくれるのがウレシイ。

お酒は控えつつ、パッションフルーツジュースでKさんとまったり反省会(?)を
しながらご飯。今回は3人とも特に反省点はないだろうという傲慢な結論に
至りました。

楽しければ楽しいほど、時間が経つのは早いですなぁ
ちょっと日曜日のサザエさん的切ない気持ちになりつつも、明日行く
新城島にワクワクするaiだったのです。

                 aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー

       ★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング

JUGEMテーマ:ダイビング
| ダイビング・水中写真 | 22:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
がっつり貪欲 石垣島旅行 3日目
 ダイビング旅行中って、泳いでぐったり疲れ果てて、かなり早寝するもんで
実は結構健康的です。ホントは夜ももっとみっちり3人でショーもない話を
したいんですが、皆10時ごろには魂が抜けちゃうんですよねー

まあ合間合間、十分ショーもない話で盛り上がっているんですがね。

それにしても、夕べは激しい腹痛に何度か襲われ、一層aiはぐったりして
おりました。ちゅうか、それでも潜る



 上やさんの前で記念撮影魚ばっかじゃなく、たまには人も撮ってみます。
こーしてはしゃいでいると、独身時代に返ったみたいです、ウッシッシ。
(※ダンナさんはGW中、真面目にお仕事をしています。)

が、どーも周囲の方々からは、aiがYさんやKさんを無理矢理引きずって
ダイビングに来ているように見られている様子。そ、そんなはずはないよね

さて、それはともかく今日も珊瑚の卵だらけのクサーイ浜辺から出航
1本目は「コーラルヘブン」という珊瑚の卵いっぱいのポイントにもぐりました。
 

 さとしさんに水中で「F値を下げると、珊瑚の卵が撮れるよ」と教えられたものの
自分のカメラのF値の下げ方がわからず。なぜなら普段水中モードという
オートで撮影してるもんで


水中で焦りつつ、どうにかF値を下げて卵を撮ることに成功。ちなみに上の写真
左ですが、決して砂やゴミが写っているわけではございません。

コーラルヘブンという名前だけあって、キンギョハナダイやアカネハナゴイが
舞う竜宮城のような光景が広がります


竜宮城を堪能した後は、ガレ場で宝探しです。そっと石をのぞくと、小さい
海老さんたちがゴソゴソしています

さとしさんにフリソデエビ(左)とザンジバルボクサーシュリンプ(右)を
見せてもらって、みっちりと撮影。どっちもサイケな文様ですなー。



 コクテンフグちゃん。ぷりぷり怒っていらっしゃいます
フグってどうしてこんなにチャーミングなんでしょうねぇ。丸いからかしら。
ご本人はそれどころじゃないでしょうが

 
 何てことないデバスズメダイの群れとエダサンゴ。でも沖縄の海の
イメージってaiの中ではこれなんですよ。エメラルドグリーンの海に泳ぐ
エメラルドグリーンの魚。うっとり見惚れてしまいます

62分、じっくり潜らせてもらって、ウホウホエグジットしました

 2本目のポイントはマンタスクランブルです。ポイントには今日も既に
山のようにダイビング船が停まっていました。ホント、マンタウォッチングでは
なく、ヒトウォッチングでござる



 エントリーしてホバリングポイントに進むと、すでに1枚まったりとホバリング
していらっしゃいました。何度見ても、マンタさんは大きく悠々としていて
近くに来ると興奮しちゃいます

でも、少しホバリングすると、ひゅーっとダイバーの上を越えて遠くに行って
しまいました。うーん、淋しい

しばらくポケーっと(このポイント、マンタさんがいないと、みんな
ポケーっとするしかないんですよね
)浮いていると、さとしさんが
ボードに「もうすぐ来るよ」と書いてくれました。

ホント〜?!と思ってキョロキョロしていると、しばらくして遠くからマンタさんが
すすーっとやってきました。しかも・・・



お友だち連れて来てる〜



ありゃりゃー3枚もやってきましたよしかも1枚が、くるっと回ったりして
大サービス中。こんなアクティブなマンタさん初めて見るわ

写真じゃ伝わりにくいんですが、マンタさんってすっごく大きいんです。
これが3枚もいらっしゃると大迫力です。

秋にはもう少し多く見たことがありましたが、GWは秋ほど現れないので
3枚見えたのはラッキー、と嬉しくなりました

そう言えば昨年ダンナさんと来たときはaiはチラ見、ダンナさんは見えず
だったんですよねー。



マンタさんのホバリングを堪能し、エグジットしようと帰り道。
近くにマンタさんが泳いでいて「あっ」と思った瞬間、もわっと脱糞して
泳いで行きました


・・・良く見ると腸が出てる(←写真じゃ殆どわかりませんね)。
こ、これがウワサの「マンタの腸洗い」

マンタさん、ウンチしているとき、腸が裏返って出て来ることがある
らしいんですよね(ヒトだったらえらいことですな)。聞いたことはあったけど、
まさか見ることができるとは思わなんだ。すんごい充実感です


さーておまちかねのランチタイムです。八重山そばと素敵なおかずたち
八重山そばの3枚肉、やわらかーくて、醤油辛くないのにうまみがぎゅっと
詰まってて、激ウマです。自分で煮てもこんな美味しくならないです。

おかずは確かマンボウのフライだったような・・。お宿でもマンボウが
出ていたので、こっちではメジャーな食用魚なんでしょうね。
やわらかくあっさり鶏肉みたいで、美味しかったです。

昼間っからご馳走をいただき、すっかりご機嫌に

気持ちの良い床でもっとマターリしていたかったのですが、気合を入れ直し
3本目のダイビングに出かけました。

3本目のポイントは「リトルパヤオ」、真っ白な砂地に小さい漁礁が
沈めてあるポイントです。

エントリーすると小さい漁礁の周りに、何匹もハナミノカサゴさんが
浮かんでいました

 
 砂の白と海の青。よく見ると、周囲にはいっぱいアキアナゴがにょろにょろ
顔を出しています。


漁礁の周りには小さいスカシテンジクダイや、ユニークな生き物が住み着いて
います。左はオランウータンクラブ、良く見ると結構悪そうな顔です

右はオオモンイザリ・・いえいえ、オオモンカエルアンコウです。
どこが目で口かわかりにくいですね。頭の上には、疑似餌の「エスカ」が
ぴよーんとついています。一層わかりにくいですね。

このオオモンカエルアンコウちゃん、はいつくばって記念撮影をさせて
もらっていたら、ずん、ずん、ずん、ずん、とaiの方に進んで来て
ついにはカメラのレンズにぷにーんと衝突

その次はさとしさんに追突、見た目によらずアグレッシブな子で、胸
キュンでした



 浜辺に着いたときはもう5時を回っていました。あー、空が青くて清清しい。
悪かった体調もかなり普通に戻ってきました。タラソテラピー効果か



シャワーを浴びたりしているうちに、あっという間に夕食タイムに

昨日は泡盛カクテルをいただいたのですが、さすがに体調を考慮して
ジュースで夕食をいただきました
。最初からそうしろっての。

3人のうちYさんは1日早く帰らねばならないので、明日は別行動
よって3人での夕飯は最後なんです。むー楽しい時はあっという間に
流れます。

今日のイチオシ斬新メニューは「いかすみ茶碗蒸し」。何とこの中には
ジーマミー豆腐や三枚肉まで入っています。なんてリッチな茶碗蒸し
なんでしょう。でも具同士ケンカせず調和が取れた味わいだったのが
とてもフシギ。

今日も1皿、1皿、じっくり味わっていただきました。
いやー昼も夜も美味しいご飯で極楽じゃー

何より、主婦だと他の方につくっていただくご飯が1番美味しいの

屋上のコインランドリーに洗濯物を取りに行ったついでに空を見上げると
星がいっぱいキラキラしていました。むふー、明日もお天気になって、
面白い生き物いっぱい見えるといいなー

               aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー

★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング

JUGEMテーマ:ダイビング
| ダイビング・水中写真 | 21:39 | comments(5) | trackbacks(0) |
がっつり貪欲 石垣島旅行 2日目
 昨夜は早く床につき、薬も飲んでいたためか、大分体調がマシになって
おりました。カーテンを開けると気持ちよい位の快晴
(※一応オーシャンビューなんです。)

アレレ、今日は大荒れの予報で、確かツアーも中止になったような・・。
が、こんな天気予報の外れ方なら大歓迎じゃ(ダイビングサービスさん
や海のツアー会社さんは大迷惑でしょうけど。)


 荷物をまとめ、水着などを着こんでチェックアウト。快適なお宿だったので
ちょっと1泊だけだったのは残念。出発前に美味しいホットサンドの朝食を
いただきました。ホットサンドなんて食べたの久しぶりですが、美味しかった
 
8時にはホテルの前にダイビングサービスさんがお迎えに来てくださって
ました。3日間お世話になるのは川平の「ちぃむどんどんDIVING」さん。



 ちぃむどんどんさんは野底さんご夫妻で経営されている、アットホームで
少人数・・んーaiの好みのタイプのショップさんだわ

川平のちょっと高台にあるので、お庭から海の景色は絶景です。

実は、川平ではブルーウォーターさんしかお邪魔したことがなかったのですが、
今回お問い合わせしたらGWはもう予約でいっぱいだったのです

そこで、ネットでも評判の良かったちぃむどんどんさんにお願いすることに
したのですが、予約のお電話なんかも本当に感じが良くって、
「ああ、きっと良いショップさんだなぁ。」と期待が膨らんでいた次第

おじゃましてみると、予想通り居心地の良いショップで、オーナーのさとしさん
はフレンドリーで頼もしいウミンチュ、奥さんもとっても明るくお茶目な方でした


 早速ウェットスーツを着こんで、1本目のダイビングに出発。
浜辺の波打ち際が赤潮のように赤く染まっていました。さとしさんによると、
昨夜珊瑚が一斉に産卵したらしく、その卵で海が赤くなっているんですと

珊瑚の産卵は年に1,2回しかないそうで、aiも1度は見てみたいなぁと
思っていたのですが・・・初めて知ったのですが、これがかなりクサイ

何と言うか生臭いというか、魚卵系の生臭さがもわ〜っと浜辺から・・・

いやー珊瑚も動物なんだなぁと改めて実感。

さてさて、1本目は「大崎ハナゴイリーフ」でコブシメの産卵を見学に。

エントリーしてユビエダハマサンゴのエリアに進むと、15匹前後の
コブシメさんたちが集合し、ママさんコブシメがせっせとサンゴに卵を
産み付けていました。わお〜いつ見ても興奮しちゃいますわ


 産卵するママさんイカを守るべく、パパさんとおぼわしきコブシメが
他の雄コブシメと戦闘中。油断も隙もあったもんじゃありませんな

 
 見所をコブシメの産卵に絞って、ずっと同じ場所に待機させてもらったんで
珍しい交接シーンも見ることができました。何だか感動的

 
 交接シーンを激写している1眼レフのダイバーさんを激写(笑)
きっとあんなすっげぇカメラで撮ったら、めっちゃ綺麗に撮れるんだろうな

出来はともかく、ここには紹介しきれないくらいいっぱいーいっぱいー
コブシメさんの写真を撮ることができました



 帰り道に細カマスの群れ。珊瑚の卵のせいか、少々透明度は悪いのですが、
コブシメさんの写真を山のように撮れて大・大満足の1本目でした

 2本目はおなじみ石崎マンタスクランブル。今日はマンタさん来てくれるかしら。

 と思ったら、エントリーして上を見上げると、ずんずんずんとマンタさんが
1枚泳いで来てくれました。キャーマンタさん最高



 すぐ頭の上を通って行ってくれました。アレ、このマンタさん尻尾がないですね。



 でも綺麗な子ですね。悠々とどこかに泳いで行ってしまいました。

 こりゃ期待できるぞーとホバリングポイントで待機していたのですが、
ポケーっと待っていてもマンタさんはなかなか現れず。むー中だるみ(←?)

 最後の方になって、マンタさんがやってきてようやくホバリングを
始めてくれたのですが、もうエグジットしなければならない時間に

あーん、と思っていたら浮上直前マンタさんが近くに泳いできて、
すぐ近くの根でグールグル。ありゃー・・。エグジット後も超名残惜しそうに
していたaiに
、さとしさん「シュノーケルで見たらイイよ。」と言ってくれました。

マンタさんの上をシュノーケルで泳ぐと、マンタさんが嫌がるそうなので
船につかまったまま、顔だけ水に浸けてマンタさんをしつこく観察&撮影。


 船の下をグールグル。上から見るマンタさんもいいですなー
エントリーからエグジットまで、これまた大興奮の2本目でした。

 ランチは一旦ショップに戻り、軽くシャワーを浴びてからアジアンテイストの
フローリングが気持ち良いお部屋でいただきました


 奥様お手製ランチです。塩豚丼と、おかずとフルーツ。おかずはちゃんと
お弁当のように1人分づつ丁寧に美しく盛り付けてくださっています

この塩豚丼、あっさりだけどお肉がジューシーですんごく美味しいの
おかずもとっても丁寧につくってあって、ウマー

奥様のランチにaiはメロメロ そしてこのまま昼寝したい、という
気持ちを押して、3本目に出かけました。

3本目は「米原プカピー南」、エダサンゴがとっても綺麗なポイントです。



 とっても元気なエダサンゴの森。上を泳ぐキンギョハナダイがお花のよう


 わかりにくいですが、巨大なアオチビキっちゅうお魚。初めて聞いた名前の
お魚です。大きいから食べ応えがありそう(食べれるのか?)


 ハダカハオコゼのイエローちゃん。上を見上げてちびっちゃいキンギョ
ハナダイを狙っています。そう言えば、ピンク・白などは見たことが
あるけどイエローってあまり見たことないような・・(覚えてないだけか)。

そんなこんなですっかり癒され、充実感200%で1日目のダイビングを
終えました

今日のお宿は川平地区にある「上や」さん。これまた評判の宿なんです。

最近、昔みたいにとんでもない系の民宿には泊まらなくなったなぁ・・・
軟弱者になっちまったのか、むしろフツーになっただけなのか

 
上やさんは、女性に人気なだけあって、雰囲気が良くとっても綺麗なお宿です。

お部屋も「狭いお部屋で3人では申し訳ない・・」とお電話で言われていたのを
無理矢理泊めていただいたのですが、いやいや、十分3人でものびのびできる
お部屋でした

部屋でほっと一息ついたところで、お夕食の時間

石垣島の素材や沖縄料理の調理法を生かした創作料理で、お腹がいっぱいに
なるくらいたくさんのお皿が並びます(写真は最初の方の一部)。

1番美味しくて斬新!と思ったのが、「紅芋のご飯」。写真の奥にちらっと
写っていますが、鮮やかな紫色で、普通食卓には登場しない
ビビッドな1品。でも食べるとほっこり甘くて、やみつきになるお味でした

とはいえ、まだまだ体調がすぐれないので、完食はできず・・・
普段のaiでは「残す」とかありえないのに あーあ、万全の体調で
望みたかったにゃー。

ま、とはいえ、無事いっぱいコブシメやマンタさん見て、美味しいモノ
食べて、幸せな2日目が過ぎて行ったのでした

               aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー

★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング

JUGEMテーマ:ダイビング
| ダイビング・水中写真 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
がっつり貪欲 石垣島旅行 1日目
 2月末のある日。5月末が期限のANA株主優待券を見つめているうちに
久々ダイビング旅行に出かけたくなりました

 軽くダンナさんに「GW石垣島でも行く?」と一応誘ってみたのですが
お仕事が忙しかったり(たぶんちょっとaiに付き合うのがメンドくさかったり)で
軽く「YさんやKさんと行って来なよー。」とあしらわれました

 そこで、ありがたーくお言葉に甘えて、マブダチのKさん&Yさんと
GW石垣島で集結することにしたのです(現地集合現地解散)。
2人とも、忙しいのに無理矢理誘ってごめんニャ

 まぁそんなわけで、もう2ヶ月前からウキウキで、GWだけを楽しみに
生きてきたわけなんですが、数日前になってもうびっくりするくらい
体調が悪くなり、正直前日まで旅行自体キャンセルしようかと
迷ってたくらい、ひどい調子だったんです

 が、今更キャンセルなんてできない(飛行機的に・・)、這ってでも行く
と気合を入れまくり、どうにか当日出発することができました

出発って簡単に言いますけど、なんせ結構な田舎に住んでいるもんで
広島空港朝1の飛行機に乗るために、自宅を深夜3時代に出発し、
数時間暗ーいの山道を車で走行しなければならないという苦行が
待っているのです(←そこまでして行くか)

誰も走っていない深夜の山中の県道(両側あわせて1車線)、恐怖で
眠気なんか起きませんでした。こんな時は都会がうらやましいなぁ。

何とか道にも迷わず、事故もせず、ただし体調は最悪なまま
広島空港に到着。ようやく旅行のスタート地点に立った気分です

この後、広島空港のカウンターで株主優待券チケットの購入するだけ
なのに30分近く待たされ、ブチ切れしそうに(いや、ブチ切れてた)。

すんごい余裕を持って行ったのに、飛行機出発時刻10分前になっても
まだ発券してもらえず
、最後には怒りより「本当に乗れるか」と不安に
なった位ひどい対応でしてねぇ。せっかくのウキウキ気分が
台無しじゃないのー。ぷりぷり

一層体調が悪くなりつつも、気を取り直して那覇空港に向けて出発


 10時すぎには那覇空港に到着。わざわざJALの搭乗口までお出かけし、
22番ゲートと21番ゲートの間にある売店で、南大東島の名物、大東寿司を購入。
那覇空港空弁の人気ナンバーワンだとか

大東寿司とは、さわらを醤油タレにづけしたネタを使ったにぎり寿司なんですが
これが醤油大好きのaiにはたまりませんでした。食欲があまりなかったのですが
あっさりしていて、量も丁度良く(普段のaiでは足りないはず)、おススメです

お昼、今度は石垣空港に向けて出発です。昔は新幹線+はるかで関西空港に
ぴゅーっと(といっても結構遠かった)行って、直行便で石垣に行っていた
ので、さほど遠さを感じなかったのですが、さすがに深夜3時に自宅を出発
したりすると、ちょっとした海外以上に遠く感じます。トホホ


 1時前、ようやく石垣空港に到着。出発前ずっと「天候調査中」で
「石垣空港に着陸できない場合は那覇に引き返す」という条件で飛んだのですが
どうにか無事着陸できました。

どんだけ悪天候なんじゃーと心配していた割には、小雨程度でホッ
石垣空港は滑走路が短いから、ちょっと見通しが悪いだけでも、離着陸が
難しくなってしまうんだとか。

空港には、ダイビングサービスさんのお迎えが来てくださっていました。

そう、体調が悪いといいつつ、到着するや否や、友人たちの到着前に
1本潜ることにしていたのです。いや、前日までキャンセルしようかと
思ってたんですが、何とかなるかなと・・・

この日お世話になったのは「てぃだダイビングサービス」さん。
1本だけのダイビングだったのですが、親切に対応してくださいましたヨ


 到着ダイビング、ポイントは「大崎オオハマサンゴの根」。
なぜか岩場で、コバンヒメジさんとおぼわしきお魚2匹がまったりと睡眠中


 
 目がサッカーボール模様のヤマブキハゼ。見えにくいですが海老さんと
同居中。海老さんえっさほっさと巣穴の掃除に余念がありません。

夢中でハゼ君を撮影していたら、すごくガイドさんに呼ばれ、見上げると
マンタさんが1枚、近くを悠々と泳いでいきました。サプライズに大興奮
マンタスクランブル以外で見たのは、ai初めてです。

マクロにピントを合わせてたんで写真はなし。うーん残念じゃけど、
きっと明日以降またお会いできるはず。たぶん。

 
 ヒレナガネジリンボウ。結構遠くからの撮影だったせいかピントが
甘いですねー。でもこのキュートなお姿にはいつも興奮します。
写真は撮れませんでしたがジョーフィッシュなんかもいて、ハゼ好きには
たまらんポイントでした

どうにか無事ダイビングを終え、夕方ホテルにチェックイン。
今日のホテルは空港近くの「ヴィレッジハウス石垣島」というコンドミニアムです。

3名なので、1番大きなデラックスルームにしたのですが、これがすっごく
広くてツインのベットルームが2つに、キッチン、リビングがあって、1人
おおはしゃぎしました。しかも高台なんで窓からは海も見えるのじゃー

 ホテルで無料のレンタル自転車を借り、マックスバリュに買出しにでかけ
野菜やお酒を買い込んで、友人をお迎えすることにしました。
(ついでにマックスバリュで泡盛やお土産も買い込み、自宅に送付)

 ホテルは高台なんで、行きは良いのですが、帰り道はゆるやかーな
坂道が続き、1本潜ってヘロヘロになった体には非常にこたえました

やっとこさホテルに戻り、買ってきたお野菜や、持ち込んだ調味料・お米を
使って簡単な沖縄料理を作成。ちゃんと調理器具や食器もあるから
長期滞在にもおススメですね



 21時前になり、ようやくYさんとKさんが到着~。ちなみにこのお2人も
那覇空港で合流。3人とも友人とは思えないような現地集合っぷりですが
これもそれも飛行機の空きと居住地の違いのせいです。

 ご飯はパパイヤイリチー、ラフテー、マグロのお刺身酢味噌和え、
ゆし豆腐風(マックスバリューが観光客だらけで、ゆし豆腐をはじめ
沖縄ならではの食材が殆ど売り切れ状態だったゆえ、島豆腐で代用)スープ、
パインと島トマト(?)ってな感じです

さあ、これからもりあがろーってところで、aiは電池切れ
というか、かなり無理して旅行に来た上、ハードスケジュールなのに
1本がっついて潜ったりして、完全ダウンしてしまったのです。

明日は、元々「新城(あらぐすく)島」、いわゆるパナリ島でシュノーケル
&ダイビングの予定だったのですが、主催者さんから「明日は絶対
天気が悪くて大しけだから、ツアーは中止になりました。」と連絡があり
4日からお世話になる予定だったダイビングサービスさんで、急遽
明日から潜らせてもらうことになってたんです。

明日こんな体調で3本潜れるのやら・・・とりあえず早寝して体力を
回復させることにいたしました。うーん、ホント散々な1日目じゃった

               aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー

★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング

JUGEMテーマ:沖縄
| ダイビング・水中写真 | 22:57 | comments(3) | trackbacks(0) |
日御碕でダイビング

 こちらに移住してからずーーーっと、日本海でダイビングをしたい、と
思っていたのですが、どうも日程が合わなかったり、週末のお天気が悪そう
だったり(←これがかなりの確率で悪い)で、なかなか実行できませんでした

 が、とうとうチャンスがやってきたのじゃ
お盆が過ぎて、やっとこさ山陰も夏らしいお天気が増えてきたのです。

 いやー別に雨でも潜れますけど、やっぱりカメラ撮るなら天気の良い
日がいいじゃないですか

 そんなこんなで、数日前に日御碕のダイビングショップさんAQUA工房さんに
3ダイブを申し込み、ダンナさんを残してちょっとぶりにダイビングすることに
したのです(ダンナさんはたってのご希望でお留守番。)


 雨女のaiとしては、びっくり奇跡の快晴。雲1つないお天気です。
うう、早起きした甲斐がありました。海の水は港でも底が透けて見えます

 アクア工房さんにおじゃまするのは初めてだったのですが、BOSSをはじめ
スタッフや常連のお客さんみな気さくでとても親切

ダイビング前のブリーフィングも丁寧で、見所だけでなく注意事項や泳ぎ方など
きちんと説明してくれるので、安心です

 お店のすぐ下が漁港になってましてね、ついでにポイントまで超近いので
セッティングを港でしてしまって、タンク背負って出航するのです。
これなら船酔いしなくていいわねー。



 おなじみ日御碕灯台。青い海と空に白い灯台が一層映えています。

 1本目は灯台のすぐ下の「ボングイ」。名前の通り大きな杭が立ってます。
エントリーは必ずロープを持って潜行します。山陰の海はキレイとは言っても
沖縄あたりの海と比べるとやっぱり透明度がよくないですし、
流れも比べ物にならないわけです

 エントリーするや否や「あ、本州はこうだった」とガツーンと思い出しました
完全リゾートダイバーで、すっかりぬるくなっていたことを実感。

            こ、この海で気を抜くと死ぬぞーーーー

 今日は常連さんのジモティギャル、通称2号さんとバティを組んでいただき
ました。2号さんはaiの半分くらいの経験本数なのに、aiの数倍ちゃんと
ダイビングができて、aiの面倒まで見てくださいました。
うう、aiもこうならなくっちゃね。

 エントリーするや否や、凹んでいたのですが、ちょっと呼吸を落ち着けて
周囲を見たとき、その魚影の濃さに盛り上がってきました



 ドロップオフをイサキの群れがザザーっと海底に向かって移動して行った後、
また水面向けて、一斉に泳いできました。

 水面を見上げると確かに太陽はサンサンと降り注いでいるのに、透明度が
8m〜10m位なので、海中は青暗く沈んでいます。その中を、美味しそうな
お魚たちがいっぱい泳いでいるのです


 左:ネンブツダイの群れ  右:何匹ものメバルが上を向いて待機中。 
あれれ、何か青い写真ばっかりですね

 とにかく光が少ないので、写真は全然上手に撮れません。むしろ生き抜くのに
必死なai。



 ドロップオフの上を見上げると、メジナの群れ。
ドロップオフ沿いを泳いでいると、時々お魚の群れに巻き込まれます。
何てダイナミック

 魚影の濃さにどにかく大興奮の1本目でした。

 2本目は「ソフトクリーム」という、トビエイが乱舞するというポイントです。
最近では×ニコレ珍百景の取材も来られたとか・・・。

 ワクワクしてエントリーしたのですが、「ここは川か?」と疑うような
強い流れで、潜行ロープからちょっとでも手を離すとそのまま帰って
これなくなりそうで、ブルブルしながら必死で潜行。ビェー

 


 ワカナ(鰤の小さいやつ)の群れに囲まれました。大迫力じゃーーー

 ポイントに付くと早速トビエイがウロウロしはじめました。



 大きいエイから小さいエイまで、ウロウロ。BOSSたちがシャンシャン音を
鳴らすと、どこからともなく、どんどんトビエイが集まってきました。



 写真ではうまく撮れないのですが、合計11枚出没。前にも後ろにも
トビエイがウロウロ。皆BOSSから教育を受けており、エイを脅かさないので
エイもかなり近づいてくれます。もう大興奮。カッコイー

 トビエイは、暗くて流れがある日の方が出没しやすいらしく、常連のお父さん
曰く、今日は特に多く出没したそうな。本当にラッキーでした

 多い日には30枚以上出てくることもあるんですって。こりゃすごい。

 近くにこんなすごいポイントがあるんだーと感動してエグジット。
が、エグジット時もロープで鯉のぼり状態・・・ひぇーーー怖いよう

 強い流れですっかり体力を消耗したので、お昼はゆっくり休憩。



 ショップの外のテラスは、風が通り抜けてすごく気持ち良いのです。
シャワーを浴びて、ランチのカレーライスを食べてまったり。
ああ、何て夏らしい1日なんでしょう

 実はaiのブログにコメントを入れてくださるANさん、こちらの常連さん
なんですが、ANさんのお話しで盛り上がり(実はai、ANさんのおすすめで
アクア工房さんにおじゃましたのです)、2号さんのお電話を借りて
初めて直接お話しすることができて、おおはしゃぎだったのです

 年齢・性別・出身地関係なく、海を通じて色んな方とお知り合いに
なれるって、ウレシイですよね。

 さてさて、気合を入れなおして午後からも3本目。
3本目は「タイワ」という港すぐそばのポイントから、先ほどのソフトクリームに
立ち寄るという贅沢な仕上げコース

 エントリーすると、先ほどよりさらに強い流れが襲ってきました。
エントリー前に船長のおじいちゃんがおっしゃってました。

                 「日御碕の流れをなめちゃいかん

 ひぇーーーーー、全然なめてませんよう。

 たぶんこんな海をいつも潜ってたら、ダイビング上手になるんだろーな。
パラオのブルーコーナーなんて目じゃないぜ〜。

 
 
 スズメダイなど沢山の小魚の群れの中進んでいくと、ヒラマサが5、6匹、
群れの中につっこんできました。わお〜

 逆にこんなダイナミックな光景は、穏やかな海ではなかなか見られないのよね。

 岩陰をのぞくとキンチャクダイがウロウロ。今日の写真で初めて色彩が
感じられる1枚ですね(笑)

 

 何てことのないホシササノハベラですが、暗い水中では鮮やかに見えます。

 ソフトクリームに抜ける間に、何枚もトビエイに遭遇。ああ、本当に仕上げに
相応しい1本じゃ。

 疲れたけど大興奮の3本でした(でも、本当に死にそうでした)。
また時間とお小遣いをつくって、お邪魔したいと思います。



 帰り道。こんなに爽やかな日本海を見るのは久しぶりです。
ああ、帰ったらウェット乾かしてお洗濯物しなくっちゃ・・と思いつつ
帰ったら夜までバタンキューと昼寝三昧だったのはナイショ 

                 aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー


★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング
JUGEMテーマ:写真
| ダイビング・水中写真 | 23:10 | comments(9) | trackbacks(0) |
久々の石垣島は寒かった、4日目
 朝、いつもの通り外を見ると、今日はお天気が良さそう、風も吹いて
いないようです。ウッシッシ、これなら石崎にも行けるんじゃないかしら

 今日はダイビング終了後、川平を離れる予定でしたので、朝食後
荷物をいそいそまとめて、アロハ・ラニさんをチェックアウト。
うう、初日に買ったパイナップル2つが、荷物をどどーんと重くしています

 さてさて、朝からブルーウォーターさんは大忙し
今日は何とかマンタスクランブルに行けそう、と判断したNさんが大急ぎで
崎枝に泊めて置いた船を、底地ビーチにまわしに行かれたそうで・・


 というわけで、晴天の底地ビーチ。遠浅なので、シュノーケルは難しいのじゃ。
ウキウキしながら、船に乗り込みました。もう今日の3本で最後、みっちり
楽しまなくちゃー
 
 1本目のポイントは「底地グルクンの根」、底地ビーチ沖であっという間に
着いちゃうポイントです。 



 ポイント名の通り、中層にはグルクンとハナゴイがいっぱい。ボーっと浮かんで
いると、うわーっと群れに囲まれることもあります。それはもう、幸せな瞬間
 


 深場まで潜ると、スミレナガハナダイ(殿方)が根の周りで優雅に泳いで
いました。フラッシュを当てると、ピンクの体にオシャレなサロンパス模様が
浮かび上がります。ヒレは部分的に黄色で、キレー

 

 
 オランウータンクラブ。体のふわふわモケモケは海草で、何と自分でいそいそ
くっつけているそうな。ユニークな方です




 カクレクマノミ発見。イソギンチャクの影に卵をかくしていました。
えっさほっさと卵のお世話をしているお姿が健気でまさにニモパパ

卵のアップ写真を撮り忘れてしまいましたが、もうハッチアウト寸前。



 ワライボヤ。皆スマイルしているみたいで、面白いホヤです。
アップで撮影しているのですが、実際はかなり小さくて、気をつけないと
見過ごしてしまいます(aiは絶対教えてもらわないとわからない・・・)。


 せっかくNさんが珊瑚の間にひそむ蛍光色のアカテンコバンハゼ(の一部)。
なんせカメラがでか過ぎて、珊瑚の隙間生物は絶対うまく撮影できません。
うーん、マクロ系は諦めた方がいいかも

 アカフチリュウグウウミウシが、先ほど紹介したワライボヤを食べてました
 
 底地グルクンの根、近いのに充実したポイントだわー

 そして2本目はいよいよ最後の「石垣マンタスクランブル」チャレンジ。
お天気が良くなって波が小さくなってくれて、ホントよかった

 ワクワクしながらエントリーすると、海中はブルーウォーターチームのみ。
おおー、これでマンタさん現れたら独占だわ、と喜んでいたら
あれよあれよと結構沢山のチームが集まってきました。さすがGW。




    水温が低い中50分頑張ったのですが、結局マンタさん現れず
             (寂しいので、クマノミさんを撮影)

 自然相手なので、しょうがないですが、めったに来ることができない
石垣島に来たのに、と思うとちょっとクヤシイ。でも初日ひと目見えたので
まだよかったかぁ。・・・あ、ダンナさん、初日は船酔いでマンタスクランブル棄権した
から、1度もマンタさんに会えてなかった

 ところで、この数時間後、マンタスクランブルで残念な事故が起きて
 ダイバーの男性が亡くなられたことを、翌日知りました。
 
 この日、特に流れが強かったわけでもなく、透明度が悪かったわけでも
 ありませんでした。が、ちょっとしたハプニングが大きな事故につながった
 のではないかと思います。
 
 マンタ待ちしているダイバーの人数が多すぎて、誰が誰かガイドさんも
 わかりづらかった、ということもあったでしょう。
 
 改めて、呼吸ができない環境で楽しむレジャーの危険を感じてぞっとしました。
 aiはついカメラにのめり込むから、ホントに気をつけないと・・。

 同じ日にマンタさんに会いに来た男性のご冥福を、心からお祈りします。


 美味しいランチをいただいた後、気を取り直して3本目を楽しむことに。
3本目のポイントは「パラダイス」、これで石垣島の海は最後



 コーラルの赤と海の青、フラッシュを焚くと浮かび上がるビビッドな色彩に
ため息が出ます。さて、カニちゃんはどこでしょう

 
 まさに「パラダイス」。今日はお天気が良いので、珊瑚の森が一層イキイキ
して見えます。珊瑚のヒフキアイゴってなんでこんなにトロピカルに
みえるんでしょ

 結構うねりがあっていい写真は撮れなかったのですが、ダンゴオコゼとか
可愛いちっちゃい子がいっぱいいました。

 こうしてマンタさん遭遇率は低かったものの、楽しく癒された大満足の
9ダイブだったのでした。やっぱりブルーウォーターさんは最高じゃー

 お店でログ付けをして大慌てでお片付けをし、お店まで届けてもらった
レンタカーで石垣島市街地に向かいました


 途中、宮良農園に寄り道。ここから望む海はすっごく気持ちがいい。
パッションフルーツのフラッペとジュースをいただき(←結構寒い)
海を眺めて少しだけのんびり。ついでにオオタニワタリを買ったり

 でも時間がないので大急ぎで市街に向かいました。

 今回石垣島で1つやらねばならぬことがありまして、それは辺銀食堂で
かの有名な元祖「石垣島ラー油」を購入することだったのです。
今じゃネットでもなかなか買えず、買えても定価のことはまずありません。

 1人1本なら食堂の2階で譲っていただける、ということでダンナさんと
あわせて2本購入することができました。ヤッホー。いっぱいまがい物が
出ていますが、やっぱり元祖の味は絶品なのじゃ

 その後、疲労か風邪かでフラフラしつつあったダンナさんを引きずり
あやぱにモールをうろうろした後、レンタカーで空港近くのマックスバリューに
移動し、お土産や沖縄食材をたんまり買い込みました。

 あまりの荷物に半泣きになりながら(←ダンナさんは心の中で全泣き
スリープイン石垣島にチェックインした後、レンタカーを返却して市街地に
繰り出しました。


 夕食は悩んでウロウロしたのですが、結局数時間前に来た辺銀食堂で
いただくことにしました。狭いので少し並んだのですが、GWの割には
すんなり入れました。

 幻の波照間島の泡盛、「泡波」をいただきながら、名物の島餃子などを
いただきました。品数はそう多くないのですが、オリジナリティーの高い
ヘルシーな料理が揃っていて、1度は足を運ぶ価値があると思いました

 餃子にはあの石垣島ラー油をかけ放題ですし(笑)

 食べ終わってスリープイン(市街地から少し歩きますが、綺麗でおすすめ)に
帰った頃、ダンナさんはヘロヘロになってしまっていました。
あらら・・・なんだか体が熱っぽいみたい

 どうもおかしい。そう言えば、今日昼間、船の上で日焼け止めも塗らずに
太陽の下で昼寝してたのよね
、この方。早い話、軽い熱射病になってたんですね。

 氷をもらってきて、氷嚢をつくって、ダンナさんを冷やしてみました。
うーん、大丈夫かしら。どうもダンナさんにとっては災難な数日だったようです

 あーあ、明日はもう帰るだけ・・・楽しい時間はあっという間ですね。


                 aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー


★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング
JUGEMテーマ:写真
| ダイビング・水中写真 | 22:33 | comments(3) | trackbacks(0) |
久々の石垣島は寒かった 3日目
 朝、目が覚めて外を見ると・・むー、天気は悪くないのですが、風が吹いてます。
むー、マンタスクランブルは厳しいかも

 美味しいパンの朝食をいただいた後、水着を着て仁王立ちでカメラ抱えて
待っていましたら、すぐRさんがお迎えに来てくださいました

 「今日は風が強くて、今船を出して確認にいったんですが、マンタスクランブルは
 波が高くて難しいんです、ごめんなさい

 ありゃまー、やっぱり。でも川平はいっぱい他のポイントがありますし、昨日
ちらっとはマンタさんを見た安心感もあって、さほどがっくりではありませんでした。
あ、ダンナさんはマンタさん見てないんだった まぁ明日もありますし・・・

 今日は米原方面に行けないということで、崎枝方面で潜るべく、崎枝のビーチから
出発いたしました。しかし、朝から船を回したり、オーナーのNさんは大変

 今日は、サポートに来られていた明るい女性ガイドHさんにくっついて
ダイビングさせらうことに。Hさんは私たち夫婦が独占、Nさんは3名様のグループを
ガイドされていてお客さんは合計5名。 

 少人数制ってお客さんにとって本当に安心だし、きめ細かくガイドしていただけるから、
すごくありがたいんですよね。ヘタな撮影にも根気強くお付き合いくださるし

 さて、1本目は「大崎サンドガーデン」。昨日よりほんの少し水温が高かったものの
それでも、エントリーするとギャーっと声が出そうです(獣?)

 ダンナさんは昨日スーパースクイズで死にそうになっていたのですが、
今日はじーわじーわエントリーしたところ、大丈夫そうでした
  


 マクロモードで撮影している最中、Hさんが激しく合図を鳴らして、顔を上げると
カメがえっさほっさと泳いでいました。石垣島でカメを見るのは初めてです。

 もう少し寄って撮影したんですが、うっかりマクロモードのままにしていたため
全くピントが合ってませんでした
。うう、初歩的なミスをしてしまった

 大きな根の下にはアカククリがホンソメワケベラ2匹にクリーニングされていました。
体の色を変えて、気持ち良さそうにまったりしていました。
大きくて動かない魚大好き


 レア、タツウミヤッコの幼魚。いったいどこが目なのかわからず、ピントもどこに
あわせれば良いかわからず
(笑)

 楽しく遊んでエグジットして、機材をざっくり片付けた直後、別グループをガイド
されていたNさんが海の中からニョキッと顔を出して、
aiさんユキンコボウシガニ見たいですか」と聞かれました。

 どうやら船のすぐ下5m位のところで発見されたそうな。
むむ、知らないけどレア物は撮りに行きまっせー



 ホヤをよいしょっとかぶって、ホヤ軍団の中に隠れている蟹さんだそうです。
なんせ擬態しているわけなんで、ホヤにそっと触ってみないと、見つからない
らしいのですよ。しかも見えるところにあるホヤには隠れていない、だからレア。

 ちっちゃくて可愛いー、また動きがちょこちょこして可愛いの

 1.5本目も大満足でした。いいもの見せてもらった。
 
 2本目は「マッシュルーム供廖ちっちゃいイキモノが一杯いて、ハナダイや
ネオンテンジクダイがいっぱい舞う気持ちの良いポイントでした



 キンギョハナダイの小さい子。目の周り、アイシャドーみたいでキュートですなぁ。




 イシガキカエルウオの黒い子。イヤー、これまた可愛い。



 正面からだと団子みたいねー、アカメハゼ。2〜3cmの小さい小さい子です

 2本目は自分のカメラの水中マクロモードにだいぶん慣れてきて、そこそこ
思うように撮れるようになってきました。って、SP550を入手してだいぶん経つのに
今更かい。


 空は晴れて気持ちの良い天気です。波が高くなかったらよかったのにねぇ

今日のランチは、Rさんお手製タコライス。キャー、やっぱり沖縄に来たら1度は
食べなくっちゃね。温かいお味噌汁と一緒にいただくタコライスは最高でしたよ

 3本目は、aiのしつこいしつこいリクエストにお応えくださって、
コブシメの産卵シーンが見えるという「大崎ハナゴイリーフ」に潜りました。
 
 

 相変わらずマクロはヘタなんですが、とりあえずアケボノハゼ。
最初に見せてもらったので、この子を驚かせて引っ込ませないよう、ドキドキでした。
うーん、もっと上手に撮りたいなぁ。このプライドの高そうなお顔がたまりません。



 浅場に移動すると、モシャモシャ〜っとコブシメさんが浮かんでいました。
わー、いらっしゃるいらっしゃる。産卵時期だけは、人がいても全く逃げる様子は
ありません



 手前がメスのコブシメ、奥のちょっと模様と色合いが違う子が雄のコブシメ。
ここで集団お見合いをしているわけです



 ユビエダハマサンゴの隙間に、メスがよいしょっと産卵中。
キャー、この感動的なシーンを見れただけでも、GW石垣に来た甲斐が
あるってもんです
。濃い濃い3本目でした

 マンタスクランブルには行けなかったものの、大満足の1日だったわけです

 いつもながら、写真を整理しながら昼寝した後、19時頃から夕食。

 GWのピークを過ぎたため、お客さんは私たち夫婦のみ。静かで心地よい
夕食タイムです。程よくオーナーのお姉さんが話しかけてくれます。
お姉さんは神戸から移住して来られたそうな。



 ご飯にはジーマーミ豆腐、ゴーヤ、島らっきょうなど、島の食材が取り入れられて
味付けも食べやすくて美味しい。お酒がすすみます、1人で(ダンナさん飲まず)



 夕食後、ようやく日が落ちました。空には一番星。残念ながら空は晴れているのに
月が明るすぎて星はあまり見えませんでした

 残念だけど、明日朝にはもうアロハラニさんをチェックアウトし、ダイビングも最後。
楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

                 aiのダイビングと水中写真のWebページ

海色に魅せられて。バナー


★aiのブログ更新原動力です、1クリックプリーズ〜→人気ブログランキング
JUGEMテーマ:写真
| ダイビング・水中写真 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログパーツUL5
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ RECOMMEND
連続テレビ小説 ふたりっ子 完全版 DVD-BOX 1
連続テレビ小説 ふたりっ子 完全版 DVD-BOX 1 (JUGEMレビュー »)

今ごろハマッていて、自分が超欲しいのでご紹介。NHK朝の連ドラって殆どみたことがなかったんですが、10回で終わるドラマと違って話が厚いんです。笑いあり涙ありドキドキあり・・・その中で女性の生き方、家族のあり方、幸せの形、色々考えさせられます。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 海色に魅せられて。
海色に魅せられて。HPへ海色に魅せられて。バナー
+ クリック募金
+ B-PROMOTION
ブログでクチコミ B-Promotion
+ ブログスカウター
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ